兵庫県姫路市網干区の歯科医院  花岡歯科医院 【一般歯科・小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科・インプラント・審美歯科他】


 


投稿:

今日は東京で研修会でした。

網干近隣の地域の方々に、より豊かな歯科治療を提供できるように日々精進です!


桜。姫路より東京のが早いんですね。


春ですな〜


帰りに富士山もきれいでした☆





2018年3月25日(日)


 歯科衛生士さん募集


投稿:


当院では只今、歯科衛生士さんを募集しています。

現在、当院には2名の歯科衛生士が在籍していますが、
もう少し衛生士の人手が欲しい時があります。

常勤、パート、勤務形態は問いません。
育児などでブランクがあって週1回や半日程度からでも歓迎です。
それぞれのペースで勤務していただいて結構です。

当院は、国家資格である専門職の歯科衛生士という仕事を
とても尊重します。

衛生士になって良かったと実感していただけるように
サポートさせていただいと考えています。

仕事で患者さんに喜んでもらい、自身もやり甲斐を感じて、
よりスキルアップしていきませんか。

もしこのブログを見られた方で、少しでもご興味を持たれた方は、一度短い時間で結構なので、医院に見学においでください。

お待ちしています😊











2018年3月8日(木)


 万病のもと


投稿:

久しぶりのブログ更新です。

月に12回、大阪での定期的な勉強会に参加させて頂いてるのですが、地下鉄の張り紙に足を止められました。

ウメキタガーデンがファイナル・・

ではなく、歯周病は万病のもと の方です。


当院でもこのようなプリントを患者さんにお渡しして、少しでも理解を深めてもらえるようにしています。


歯周病の病原菌が糖尿病、高血圧、心筋梗塞や脳卒中、誤嚥性肺炎の原因になることは、医学的にも解明されています。


医院で患者さんとお話ししていると、まだまだその辺りを知っておられない方が多いと感じます。


80代の方でも、お元気な方はお口の中もキレイです


お口の中から健康に。

当院のコンセプトであり、願いでもあります。

写真は先週行った書写山もみじ祭りのライトアップ。雨上がりで空気も澄んでいて、もみじも夜景も綺麗でした。

いよいよ冬が始まりますね。


体が健康で、四季折々の機微が感じられること、ありがたいなぁと思います。


皆様にも健康にお過ごし頂きたいです😊






2017年11月25日(土)


 生花


投稿:

常連でいらっしゃる患者様から、今日も生花を頂きました。

お家の庭で育ててられて、その時期ごとにきれいなお花をお持ち頂いてます。

そして当院の30年来のスタッフが花瓶に生けてくれました。




医院に彩りと癒しを頂きました❗️

受付と診療室に飾らせて頂いています。




ありがとうございます❗️😊✨


2017年6月23日(金)


 再生療法(さいせいりょうほう)


投稿:

再生療法とは、失った身体の組織を、自分の身体の色々な組織になる前の段階の細胞(幹細胞といいます)を用いて新たに作り出す治療法のことです。




有名なところではノーベル賞を受賞された京大の山中教授(iPS細胞)や、
神戸の理科学研究所の小保方さん(STAP細胞)の研究でしょう。


歯科における再生療法は、現在までのところでは歯周病などで失われた歯の周りの骨を特殊な薬を用いて復活させる・・ ということに限られていました。
(本当の意味での再生療法とは言えないですね)


しかも再生した骨が長期的に長持ちするかというと、不確かな部分が多いです。


手術は大掛かりになり、難しく、術後の腫れや痛みが多く、
しかも長期的に長持ちを期待するのは難しいとなると、それはどうなのか。


うまくいくかもしれないし、いかないかもしれないことに患者様を付き合わせるわけにはいきません。


そういう訳で、当院ではほとんど再生療法は行っていませんでした(インプラント時の確実性の高い造骨処置はあり、ソケットリフトなど)。


しかしです。


先日東京で、あるスタディーグループの特別講演会に参加してきたのですが、
度肝を抜かれました。。


その講演会には神戸理化学研究所の辻孝先生がいらしていました。

内容は自身由来の細胞で、失われた歯が完全に再生できたという研究結果(現段階では犬の研究)でした。


歯を失ったところにインプラント治療を行うのは昨今の歯科界では当たり前のようになっています。

その確実性はケースにもよりますが確立されたものと言えるでしょう。

しかし骨の中に身体由来以外のものを入れることで、
リスクもあります。



そこにきて自分の細胞を用いて失った歯を再生できるという夢のような技術が、だいぶ現実段階に近づいてきているのです。



正直、最初は眉唾やと思ってたのですが、講演が終わる頃には夢中でのめり込んで聴いていました。


講演が終わったら感動して挨拶に行き、名刺交換させていただきました
(ミーハー根性丸出しですね笑)


今後もこの研究の発展に注目していきたいと思います。


歯科界はまだまだ新しく、いいものが、患者さんのために研究、開発されていくでしょう。

必ずしも新しいものがいいとは限りませんが、いいものはいいと判断できる歯科医師でありたいと思います。



さて、また明日からも頑張っていきます!!(^^)














2017年5月10日(水)


 親知らず


投稿:


親知らずについて、抜歯したほうがいいのかどうなのか、患者さまから
よく質問されます。

結論から言うと、その状況による ということです。

親知らずだから必ず抜かないといけない訳ではないです。


親知らずは最後に生えてくる、一番奥の永久歯で、18歳頃生えてきます。

その頃には他の永久歯はすでに生え揃っていて、親知らずが正常に(まっすぐ)
生えてくるスペースがない場合が多いです。


だから、横向きのまま出てこなかったり、少しだけ出てきて、歯茎に隠れていたり、変な位置に生えてきたりすることが多いです。



こういった親知らずは歯ブラシが届きにくく不潔になりやすいです。

不潔になると、その周りの歯茎を腫らしたり(智歯周囲炎、いわゆる親知らずが腫れてきた状態)、親知らず自身、あるいは手前の歯との間に虫歯ができたりします。


このような親知らずは、抜歯が適応でしょう。


逆に完全に骨の中にあって手前の歯との間に虫歯がなく、
かつ今まで歯茎が腫れたこともないような歯や、
まっすぐ生えていて歯ブラシで清潔にできる歯は、
抜く必要はないと思います。


(健康でまっすぐ生えていても、その歯だけ突出していて、
咬み合せに問題が出る場合は抜歯が適応になることもあります)

(健康な親知らずならば、他の歯が抜歯になるようなことになった場合、
歯の移植に使えることもあります。)


このように、ひとことで親知らずと言っても、
その生え方や位置で虫歯や歯茎の腫れの原因になっているか、
他の歯との咬み合せがどうか、
また本稿ではあまり触れていませんが全身状態との兼ね合いや年齢、
歯並びへの影響など、条件は千差万別です。

当院では個々の患者さまに最適な選択を提案させて頂いています。

親知らずでお悩みの方はご相談ください(^^)✨






2017年3月28日(火)


 ブログをはじめました。


投稿:

花岡歯科医院の花岡です。 不定期ですが、ブログをアップしていきます。

患者様と話をしている中で、感じること。(内心思うこと)

”いや、◯◯さん、 口の中、放っときすぎやろー(~_~;)"


でも患者様もどうしようもなく、しゃーないから歯医者に来てる。


それも分かっています。 


だからできるだけ怖くないよう、痛くないように処置させていただくのですが。


そもそもなぜ、 そのような口の中になったのか。



小さい時の歯医者のトラウマ?


行ったら嫌なこと言われる(される)から?


別に咬めるし、一本ぐらい抜けてもえーか・・的な繰り返し?



理由はいろいろあると思いますが、一概に患者様だけの問題でしょうか。


喫煙者人口は年々減り続けています。

国を挙げて喫煙者の意識を変えようとしていること、
副流煙をはじめとする、非喫煙者にも関わる健康リスク。
それを皆に浸透させて、
地域や公共施設、店舗に至るまで巻き込んで、
喫煙による健康被害を防ごうという流れです。



口の中の健康に対しても、もっと意識が変えられないかなぁ。



高齢化社会が進んで、健康志向が高まる中、お口の健康にもテレビや雑誌でとり上がられることが多くなってきています。

それを浸透させるのは、、

歯医者や歯科に関わる人の仕事やと思います。



まだ浸透できてないとすれば、それは歯科業界がまだまだ頑張らないといけないということ😓



歯医者がもっと、患者様の側に立って分かりやすく、
優しく、お口の健康を維持するためにリードすること。


そして、なるべく嫌な思い出にならないように細心の注意を払うこと。



・・、そう思って日々がんばっております。


痛くない、しっかり咬める、楽しく喋れる・・

ええことばっかりですよ(^^)


こんなことにならないように👇  早めの受診、定期検診を😊
















2017年2月22日(水)

ブログ


花岡歯科医院
〒671-1234 兵庫県姫路市網干区新在家502
079-273-5005

Copyright (c) Hanaoka Dental Clinic All Rights Reserved.